コーヒー

【コスパ重視】初心者がコーヒーを始めるために揃えた物。

コーヒーを自分で淹れてみたい。男なら誰もが持つロマンの1つです

年始に買った「高倉町珈琲」の福袋入っていたコーヒー豆

「これをどうにか処理せねば」と、コーヒーグッズを買おうと思っていたら早くも3ヶ月近く経ちました。

 

臨時収入が入ったこともあり、初心者ながらもコーヒーグッズをコストパフォーマンスを第一に揃えてみましたのでご紹介していきます!!

必要な器具

一般的にコーヒー豆から自分でコーヒーを嗜むためには以下の行程が必要となります、

    1. お湯を沸かす
    2. フィルターをドリッパーにセットする
    3. フィルターにコーヒー豆を入れる(コーヒー豆を挽く)
    4. コーヒーを蒸らす
    5. お湯を注いでサーバーに抽出する
    6. カップに注ぐ

 

これらの行程から最低限必要なものは、

必要なものリスト
    • ドリップポット(or 電気ケトル)
    • ペーパーフィルター
    • ドリッパー
    • コーヒーミル(& 計量スプーン)
    • サーバー(カップは持ってるよねみんな)

 

と言う具合です。

 

補足点は、

電気ケトルでも代用できるのですが、やはり豆にしっかりとお湯を注ぎ美味しく抽出するためには細い口のドリップポットが欠かせません

また計量スプーンは毎回同じコーヒーを作る、また分量を調節してコーヒーの高みを目指すためにもあった方が良いでしょう

 

購入器具

それでは私がコーヒーを始めるために購入した商品をご紹介します!!

キントー コーヒーカラフェセット SCS-02-CC 300ml

こいつは超オススメです!!3つ揃って一つの商品です。

ステンレスフィルターはペーパーフィルター&ドリッパーの2役をこなせます。ペーパーフィルターに比べ使用後洗う必要があり、その点は面倒ではありますが半永久的に使え、ペーパーフィルターで抽出した時と比べ、コーヒーの油分がダイレクトに味わえます!!

 

ドリッパーホルダー(コーヒー抽出後の受け皿&計量カップ)となります。ステンレスフィルターがハマるため、適量抽出した後にカップに移せば周りにコーヒーの液が落ちる事がありません。また計量の線が2本入っており、下が10g(1人分)、上が20g(2人分)の目安となっています。

こいつも1つで2役をこなす便利アイテム!!

 

サーバーです。先のステンレスフィルターをセットして抽出します。

白い点の部分まで入れると300mlとなり2人分になります。

収納するときはこのようになります。とてもコンパクトでオシャレです!!

値段は3点セットでなんと3780円

このクオリティー、見た目、便利さで上記の価格はコスパが良すぎますよね!!

 

Kalita イージーカットミル コーヒーミル EG-45

今回私はKalitaのイージーカットミルと言われる電動ミルを買いました。

コーヒーグッズで有名なKalitaが出している電動ミルです。お値段はたったの2,091円!!(自分が店で購入した金額は¥3,500くらいだった…)

 

手動ミルの方が確かに安いですが、毎回手で豆を挽くのは面倒(それが楽しいものでもある)かなと思い電動式を購入。

 

電動ミルで一番ロマンがあるのはカリタ コーヒーミル ネクストG!!特にクラシックアイロンの色味は本当にカッコいい!!

お値段もロマンの ¥33,001 、、、

いつかは家のキッチンに置いてみたいですが一人では明らかにオーバースペックでそこまでお金もかけれませんので、いつか購入するまでの繋ぎという意味合いもあり、コスパ重視でカリタイージーミルを購入しました。

 

HARIO (ハリオ) V60 ドリップ ケトル ヴォーノ コーヒー ドリップ IH 対応 600ml VKB-100HSV

電気ケトルは持っていましたが注ぎ口が大きくドリップに適しません。また自分の家はIHだったため、IH対応でドリップしやすい形状のHARIO (ハリオ) V60 ドリップ ケトル ヴォーノを購入しました。

600ml(満水1,000ml)の容量で1人(たまに2人)分のコーヒーを淹れるには最適な量です。

 

ファーストインプレッション

初心者がコスパ重視で選んだ器具で淹れたコーヒーはどうだったか、購入した器具の使い心地を紹介していきます。

今回はこちらのコーヒー豆を使いました。

コーヒーを淹れた写真は撮り忘れました…

ミルには挽いた豆が思っていたよりも残る

ドリッパーに移した際に思っていたよりも粉が残ります。(これでもハケを使った後)

付属のハケを使う必要があり少し面倒…

 

ステンレスフィルターは思っていたよりも抽出に時間がかかる

 

これは豆を挽く際に細かくしすぎたせいで、フィルターが目詰まりした可能性があります…

初めてのコーヒーは2人分を作りましたが、かなり待つ時間が長かったので

使い終わった器具を洗いながら待ちました。(本当は一定速度でお湯を入れ続けるべき)

お湯の入れ方にも問題があったかもしれませんので次はよく調べ、試行錯誤をしながらやっていきたいところ。

 

片付けが大変

少し画像が荒いです…すいません。

これは美味しいコーヒーを飲むためには仕方ない部分ではありますが、やはり面倒です。特にステンレスフィルター(写真真ん中)はペーパードリッパーと違いドリッパーの上にコーヒー豆が残ってしまうため小さいポリエチレン袋を用意しそこに処分。

他にもミルに残っているのをハケで綺麗にしたり、サーバー等を洗う必要もあるため片付け的にはなかなかの分量となります。

でもね、何度も言うけど美味しいコーヒーを入れるためには避けては通れない問題なんです…

 

気になるお味は、、

 

初めて自分で入れたコーヒー、果たしてそのお味は…!?

 

「うん、普通に美味い」

 

ネットでは調べたもの、淹れ方に適当な部分もあるにしてはなかなかおいしいコーヒーが出来ました!!

初めてでこれだけ美味しく飲めるなら、これからどんだけ美味しくなっていくのか楽しみなものです。そこらへんはおって記事を書きたいと思います。

 

まとめ

コーヒーは嗜好品ですね本当!!

機材はたくさん必要で後片付けも大変

それでもつくった最高のコーヒーは何にも代え難い至福があるんじゃないでしょうか。

その域に達するためにこれからも毎日コーヒーを入れ続けたいと思います!!

 

そんな感じ!!

twitterでコメント等くれたら嬉しいです!

それでわ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です