ハウツー

【わたしのブログ環境】大学院生ブロガーの一ヶ月目の作業環境 ソフトウェア編

どうも「ヲトコ」です。ブログを始めてから約10日程度が経ちました。

何もかも手探りな状態で始めましたが、独自ドメインの取得から一度wordpressのサイトの引越しをする(3記事書いた時点)など様々な経験をし、少しづつですがweb運営の方法が分かってきたところです。

 

今回は、私の一番好きで閲覧しているトバログさんや、dresscodeさんが執筆したわたしのブログ環境をテーマに記事を書いていきます。

 

先の偉人お二人は、愛用している「ハードウェア(ガジェット)」について掘り下げています。私もガジェットに関して記事を書きますが、今回の記事では「ソフトウェア」に関する記事を書いていきます。

これは私自身のブログ更新の「型」というものが出来上がっておらず、愛用するハードウェアを深く掘り下げるに至っていないためであります。他の方のわたしのブログ環境 ソフトウェア編】の記事を見て見たいですね。(ここら辺は企業秘密的なとこがあって記事書いてる人が少ないのかな?)

 

基本的にはブログ執筆に関係するソフトウェアについて書きます。

PC作業全般のオススメアプリは

【2018年版】Macで作業が捗る!厳選おすすめアプリ5選記念すべき1記事目です!! 最後まで見てくれると嬉しいです MacbookPro15incを使いまくってます「ヲトコ...

にまとめていますので、ぜひそちらをご覧ください。

それでは早速始めましょう。

 

 

テキストエディット

 

Bear

記事の文字おこしに使用しているアプリです。私は無料版を使用しています(有料版は ¥150/month)。ここでは無料版と有料版の違いには触れません。

 

自分の使用方法の中で感じているこのアプリの良い点・特徴

  • UIがシンプルで分かりやすい
  • マークダウン形式に対応している
  • HTML形式に書き出しできる

 

こうして書き出してみると少ないですね。これはBearのアプリがショボいとかではなく、私自身がまだブログ執筆のフレームワークが出来ておらず、最低限この使用方法で記事の書き起こしをしているためです。

 

基本的には文字をマークダウン形式で書き起こし、文章をHTML形式に変換しそれをwordpressのコードに貼り付けます。あとは適宜画像を挿入するだけです。このアプリの悪い点はここです。画像を後で貼り付けなけなければいけないのです。

このようにBear内では画像を貼り付けることが可能ですが、HTMLでコピーし貼り付けてもwordpressでは反映されません。

 

Clipy

 

これは【2018年版】Macで作業が捗る!厳選おすすめアプリ5選 でも紹介したアプリです。コピーの履歴を取れるため、数回前にコピーした文章やコードをまた使用したいと思った時に、すぐに入力する事が可能です。

またスニペット機能もあり、定型文をショートカットキーから呼び起こし入力する事が出来ます。ブログ執筆で最も利用するのは、HTML形式のコードの貼り付けですね。文字起こしした文章をwordpress上で記事用に整形する時には、なんだかんだでHTML形式で入力しなければいけない場面も出てくるのでその時活用しています。

 

写真エディット

 

Lightroom

基本的な写真の管理・補正・現像をするアプリです。最近カメラを購入し、このLighroomで撮った写真を弄っていますが本当に楽しいですね!!

【Before】【After】 

全然違いますね。まだJPEGで撮った写真を加工しています。raw現像はさらに面白いと聞くので、α7ⅲのrawファイルに対応するのが待ち遠しい

まだ写真管理のフレームワークが確立していないので、他の人を参考にしながら自分なりの方法を模索して行きたい。

 

Skitch

画面をキャプチャーし加工する事ができるアプリ!!これは素晴らしいですね。どうやらEvernoteとリンクさせると便利?らしいですが、今の所その必要性は感じてないですね。とにかく、キャプチャー次第、簡単に、そしてすぐに加工できる点が素晴らしい!!

ブログでMacアプリやwebサービスの紹介する等の使用方法では、このアプリで必要十分ではないかと思います。

 

検討中のアプリ

 

Ulysses

これはBearの代替として考えています。UlssesもUIが美しく、Markdown対応のエディタです。

「どこが違うのか、またどうして乗り換えを考えているのか」それは以下の2点です。

  • wardpressに直接投稿できる
  • 写真を貼り付けられる(そのまま投稿)

一つ目と二つ目の要素は関係しています。Ulyssesはwordpressと連携が可能で、記事を執筆後そのまま投稿できます。よって、面倒臭い画像追加をwordpress上で行う必要が無くなります。

お値段は、¥4,400/year もしくは ¥550/month です。

ランニングコストはかかりますが、一ヶ月単位でみると安く、この金額で快適にブログを執筆できると思うとマストバイですかね。

未だ購入していないのには理由があります。学生なら ¥1,300/6month(換算¥220/month)という格安価格で利用できるのですが、ちょうど卒業し院に入るというタイミングという事で、学生証を持っておらず申請ができないためです。もう少ししたら発行されるので、それ次第導入したいと思います。

 

PhotoBulk or JPEGmini

画像圧縮アプリですね。今はまだ画像圧縮等気にせず記事を投稿しています。しかし、blogをしている人の作業フレームワークを見てみると、皆さん画像圧縮しているんですよね…。サイトが重くなるから?だと思うのですが、ここら辺もよく調べて使うアプリを決めたいと思います。ヘタレストのテクてんさんが、これらのアプリを詳しく比較しています。今の所、JPEGminiを購入しようと考えてますが、¥3,500円はしますので検討中でございます。

 

まとめ

 

私の作業環境:ソフトウェア編 いかがでしたでしょうか。

まだまだブログを始めたばかりですので、これから自分にあった執筆フレームワークを組み立てて、良い記事をかけるようブラッシュアップして行きたいです!!

次回はハードウェアに関して掘り下げたいお思います!!

 

Twitter等でコメントくれたら嬉しいです。

それでわ。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です