コーヒー

スローな贅沢をお手軽に。KINTO SLOW COFFEE STYLE 「カラフェセット」でコーヒーを始めよう。

移り行くのが速い現代社会。ゆったりとした時間をもうける事は「贅沢」なのかもしれません。

どうも, ロマンワーカー管理人 をとこ (@wotoko_roman)です。

本日は, KINTO SLOW COFFEE STYLE 「カラフェセット」をご紹介いたします。

オシャレでストーリーのある製品, 特にコーヒーや紅茶, 最近ではインテリアグッズも取り扱い始めたKINTOが発売している製品です。

無駄のないシンプルな佇まい

私が所有しているカラフェセットは容量300mlで1〜2人分。左から, ドリッパー・ドリッパーホルダー・カラフェの3点セットです。

これら3つが無駄なく1つにまとまるようになっています。機能性と見た目のどちらにも優れています。

旨味をダイレクトに抽出するステンレスフィルター

 

ステンレスフィルターはコーヒーの油分をダイレクトに抽出します。ペーパーフィルターと比べ風味が強く, コーヒー本来の味を引き出せます。

ペーパーフィルターは一度使用すると捨てる必要があります。しかしステンレスフィルターでは洗う事で再び利用できます。洗浄方法も, 粉を小さいポリエチレン袋に捨てた後フィルターをお湯で洗うだけ大丈夫です。

1台2役のドリッパーホルダー

軽量可能なドリッパーホルダー

このドリッパーホルダーはよく考えれて作られています。写真では見えないですが, 10mlと20mlのところに線があるので, このホルダーで豆の量を調整することができます。正確に計量する事はできませんが, 個人として楽しむ分には十分です。

またコーヒを入れた後のフィルターをこのホルダーに移せばコーヒー液を垂らす事なく抽出を終えることができます。

柔らかく気の利いたカラフェ

柔らかく流線的なフォルム。

底面には, SLOW COFFEE STYLEと可愛く印字してあります。

柔らかいフォルムのカラフェ。1〜2人分では十分な量が入ります。また写真では見辛くて申し訳ないですが, このカラフェには2人分(300ml)のところに白い点があり,その点の半分の位置まで入れることで, 1人分コーヒーを入れる事ができます。

スローで贅沢な時間を

お気に入りのドリップケトルと一緒に。

濃いめに抽出し氷を入れる事でアイスコーヒーにはやがわり。

愛しの機材での作業のお供に。

 

自分で淹れたコーヒーは格別です。

お湯を沸騰させ少し冷ます, 香りを楽しみながら豆を挽く, 蒸らしドリップする。

このようにコーヒーを作るのには様々な行程が必要です。現在ではコンビニで100円で美味しいコーヒーも飲めます。

では, なぜ自分でコーヒーを淹れるのか。

忙しく周りの環境もめまぐるしく移ろう現代だからこそ,ゆっくりと, そして丁寧に淹れた自分だけのコーヒー。

コーヒーだけでなく, 自分で淹れるという行いがあるからこそ, 他では味わえない贅沢な時間を過ごすことができるのです。

まとめ

以上, KINTO SLOW COFFEE STYLE 「カラフェセット」の紹介でした。

私はこの製品を買ってから, 時間があるときはいつもコーヒーを淹れるようになりました。自分の技術では「味はまだまだ上を目指せるかな」と言ったところですが, 自分で入れたコーヒーを飲むからこそ味わえる至福の一時を過ごす事はできています。

もしこの製品が気になった方は, 下記のリンクからどうぞ。

それでわ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です