ハウツー

簡単なのに超綺麗。α7ⅢとHDR合成で河原の夕景を切り取る。

どうも!ロマンワーカー管理人をとこ(@wotoko_roman)です!!

初めての一眼カメラα7Ⅲを買ってもう2ヶ月が過ぎようとしています。写真を勉強する中で, HDR(ハイダイナミックレンジ)という言葉を知りました。

「HDR合成をしたら風景とかすんごいよ。」みたいな事を風の噂で耳にしました。

HDRという言葉も最近理解した私が, そんな好奇心で写真撮影に向かいました。すると…

「 LightroomにてHDR合成をしてみら簡単に美しい写真を現像できました。」

という事で今回の記事は, 私のようなカメラ初心者 or HDRという言葉を(良く)知らない人向けに, 「HDRとは何か〜HDR合成写真の作例」までのご紹介になります。

それでは行きましょう!

HDRとは

HDRとは,ハイダイナミックレンジの略称です。DR(ダイナミックレンジ)が意味するものは,明暗の階調の幅のこと。

例を挙げましょう。逆光のような環境下で写真を撮ると,人が真っ黒になってしまいますよね?

カメラにはダイナミックレンジの限界があるので,明るいところを撮ろうととする時,白飛び(明るいところが真っ白になる事)を防ごうとして,暗いところが黒つぶれ(真っ黒になる)してしまうのです。逆もまた然りです。

つまり,

HDR(ハイダイナミックレンジ)では,

「明暗の差が激しい環境下でも,白飛びや黒つぶれをしないしづらい」

という事になります。

HDR合成とは

次にHDR合成について説明します。

HDR合成を砕いて説明すると,明るさの違う写真(暗い-普通-明るい)を合成し,暗い部分から明るい部分までの情報を残す現像手法です。

つまり,

  1. 暗く撮り白飛びを防いた写真
  2. 明るく撮り黒つぶれを防いだ写真

これらを合成する事で,

「明るさの違う写真達の良いとこ取りして, 白飛びも黒つぶれも防いでいい感じの写真にしよう」

という手法になります。

HDR用の元画像の撮影方法

HDR合成を行うための撮影は実はすごく簡単なんです!!

必要なもの

  • カメラ(当たり前)
  • 三脚(ミニ三脚でも十分)

カメラの設定

  • オートブラケット撮影(後術, 撮影モード変えるだけ)

この3つだけです。極めようとするともっといじれる設定はありますが, 最低限これを満たせば十分に美しいHDR写真が撮れます!!

オートブラケット撮影とは?

カメラの設定で紹介したオートブラケット撮影とは何か。オートブラケット撮影は例えば私のSONY α7Ⅲなら,ドライブモードのこのような項目です。

オートブラケット撮影とは

「シャッターを押すと,自動的に露出をアンダー・ノーマル・オーバー設定で撮影(枚数・写真ごとの明るさの差も設定できる)」

する事です。

先程と似ていて,露出(カメラに入る明るさ)とは、

  • アンダーにする→白飛びを防ぐ明るい部分を暗く
  • オーバーにする→黒つぶれを抑える暗い部分を明るく

する事に対応します。

自動的に明るさの違う写真を撮る事ができるオートブラケット撮影。これを使用すれば白飛びや黒つぶれを抑えるだけでなく,その後のHDR合成にも使えるのです。

三脚について

実は三脚は必須です。しかし上記の〜のような小さな三脚で構いません。後の作例はこの〜で撮りました。ブレなきゃいいんです

複数枚の写真を合成する時に,それぞれの写真が違った構図になると不都合なんです。みんなカメラを買ったら三脚買いましょう。

超簡単。LightroomでのHDR合成方法

さて,それでは本題のLightroomでのHDR合成の方法を紹介します。実はめちゃくちゃ簡単。

まずはLightroomの画面でオートブラケット撮影した画像達を選択します。

右クリックしてください。

すると画像のようなHDR合成というボタンが出ます。それを選択します。

すると,

はい,本当にこれだけで出来てしまいます。私も最初はビックリしました。最新のソフトってすごいですよね。現像にはちょいと時間がかかります。

α7Ⅲ+Lightroom+HDR合成による作例

合成前の画像たち

それではお待ちかねの作例をご紹介します。

先ずは元画像を載せます。

1枚目は元の画像。2枚目はそれに対応するヒストグラムです。ヒストグラムは右が明るい成分,左側は暗い成分を表します。

これはアンダー目に撮った写真。

これはオーバー気味。

これはドアンダーな写真。

上記の画像は全てRAW画像を,「SONY:カメラ風景」で現像しています。

夕日を写すと山は見えないし,山を写すと後ろの雲が見えないし。。。このように明暗差が激しい環境では写真を撮るのが難しいんです。

合成した写真

どうでしょう!!素人目でも分かる違いがあるじゃないでしょうか!!

結構簡単に美しい風景が撮れて満足。HDR合成のパワーを体験しました。

ちなみにヒストグラムはこんな感じ。バランスめっちゃ良くなっています!!

カメラを始めて2ヶ月がたち,初めて自分のMacの壁紙に設定する程に感動しました。フレア現象がちょっと起きてはいるけど全然綺麗!!

もう1枚どうぞ。夕日を入れないとどういう感じになるか気になったので。色温度をいじってより夕方っぽくしました。これも綺麗ですね。(右上の空の部分が若干おかしくなってるけど無視しよう。)

まとめ

LightroomによるHDR合成の仕方

如何だったでしょうか。

かなり簡単に,そして美しい写真が初心者の私でも撮ることができました。

これからも風景を中心にHDR写真を撮っていきたいですね。

あと,どうやらHDR合成では絵画のような作品にも仕立て上げる事ができるようです。これも試しにやってみようかなと思ってます。

それでわ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です