ガジェット

小型LEDアクションライト「Litra Torch」がロマンに溢れている。

どうも!ロマンワーカー管理人をとこ(@wotoko_roman)です!!

光は写真・動画撮影においてとても大切です。そのため, プロの撮影では必ず照明の類のものが使用されます。

カメラを購入し写真を勉強中の私は, そんな光をどのように扱うべきか, そのための機材はどれが良いのかを調べていました。実際に購入をして, 試しながら勉強するのが最も良い事はわかります。しかし, ロマンを追い求める, 私のような, 形から入る人間は下調べを惜しみません(金がない)。

そんな時, ロマンに溢れすぎている「小型LEDライト」を見つけてしまいました。今回はそんな製品, 「Litra Torch」の紹介になります。

 

Amazonリンクはこちら→ Litra Torch リトラトーチ LEDアクションライティングシステム 充電式 LEDライト GoPro ストロボ コードレス 800ルーメン

 

追記:ついに購入しました!

【開封の儀】Litra Torchを購入した理由とこれからの使い方。どうも!ロマンワーカー管理人をとこ(@wotoko_roman)です。 超便利な小型LEDライト「Litra Torch」...

先ずは動画みてみ。

LItraGearによる, 「The LitraTourch Story」と題された公式動画になります。

陽の落ちた海でも, サーフィンの撮影を可能にする。暗い中, しかも水を大量にかぶる環境下でも撮影を可能にする照明。そんな製品を今回はご紹介します。

もう一本の公式動画。なぜか海亀の動画もUPされていました。ウミガメ好きの人はこの動画だけで買ってしまうでしょう。

新しい動画がUPされました!ぜひご覧ください。

Litra Torchについて

LItra Torchとは

ポケットに入るプロ向けLEDアクションライティングシステムです。様々な環境で使用可能なデザインは、フォトグラファー、ビデオグラファーにとってLEDクラス最高のライトです。LitraTorch™ は、世界で最も汎用性の高いアドベンチャー写真とビデオ用ライトです。 38mm x38mmのサイズで、トーチは800ルーメンの連続した高品質の光を提供します。引用:ImageVISION

公式サイトからの引用文です。ある1つの文に注目して見ましょう。

フォトグラファー、ビデオグラファーにとってLEDクラス最高のライトです。

と言い切っています。物凄い自信ですね。しかし, 調べて見るとそう言い切る理由がわかってきました。以下で, このLitra Torchについて詳しくまとめていきたいと思います。

Litra Torchの外観!

38mm×38mmで手のひらサイズでシンプルな外観を持つ本製品。前面に幾何学的に配置されている8つのLEDは, 男心(ロマン)をくすぐるデザインですね。

SONYの小型デジタルスチルカメラ「DSC-RX0」とどことなく似たフォルム。大きさの制限がある中で, 剛性を高めるためには合理的なデザインという事でしょう。

小さい筐体に詰め込まれた高いスペック

外観の次はスペックを確認しよう。基本的なスペックは以下の通りです!

基本スペック表

明るさ 800(100, 450)ルーメン
明るさ(ストロボ時) 2200ルーメン
色温度 5700K
照射角度 80°
充電 Micro-USB
寸法 38mm X 38mm X 42mm
重量 90g
耐水性能 10m

 

ルーメンというのはわかりにくい単位ですね。調べて見たけど, 定義が伝えても分かりづらい。動画時の明るさは動画で確認するのが最も良いです。上のツイートもLitra Torchを使用しています。

照射角度は80°です。Ke!sanのツールをしようしたところ, 35mmフルサイズ換算で「21mm〜22mm」の焦点距離ということでかなり広角より。どうやらGoProに適するように設計されているそうです!!

充電端子がMicro-USBなのが残念ですね。USB-Cなら最高だったのですが…

重量は90gと半端なく軽い。これはかなり重要です。機材の軽さは正義です。

耐水性能も半端ない。先ほどのウミガメの映像が撮れるわけです。

撮影時間の目安

  • Level1:100lm/4hr
  • Level2:450lm/70min
  • Level3:800lm/35min
  • Level4(ストロボ):2200lm/7時間

小さいだけあって, 800ルーメン時の撮影時間は短めですね。まあこれは携帯充電機使ったり, もしくは外部電源にも対応しているという事なので, あまり問題にはなりませんね!

そして見落としがちな良いポイントが, 「磁石でくっつく」ということ!これはユーザーの事をよく考えて作られています。家の中でも外の撮影でも使える, 地味ながら便利な機構です。

豊富なアクセサリー類

GoProと同様にアクティヴィティを重要視しているため, 非常にアクセサリーが豊富です!!

画像が小さくて申し訳ないですが, 左上はパッケージ付属品。

  • Litra Torch(リトラトーチ)
  • カメラマウント
  • 白色ディフューザー
  • マジックマウント
  • ベルトクリップ
  • GoPro 1/4 20フィンガーマウント
  • USB充電ケーブ

という内容。付属品の段階でかなり便利なアイテムが揃いますね。

フィルターによる映像表現も楽しそうです。このセットだと12枚もある。そして何よりこっちにカメラを向けているオッサン(Tweet左下)。見てわかる軽いって(90g)。

あとGoProと合体させることも出来る。この製品を使って光を回せば, 夜でも綺麗な動画が撮れるわけですね。

写真, 動画, その他でも便利!!

ここまで外観・スペック・アクセサリーについて書いてきました。纏めていて再度感じたことが, この製品の汎用性が半端ないということ。

光の調整用や, ある程度明るい時の光源としてい良い仕事をしてくれそうです!!暗い中でメインの光源としては物足りないかもしれない(こればかりは実際にしようして確かめないと)。けれど, サブ的に使う場合は小さい筐体がすごく便利。手軽に持ち運べるのが素晴らしい。

この利便性は動画撮影でももちろん便利です!あとは撮影とか関係なしに便利そうです。スマフォのライトの代わりで使ったり, 夜の撮影時に手元を確認するのに重宝しそう。

発売日は6/8(金曜日)

発売日は現時点で, 6/8と決まっています!(現時点でもAmazonで並行輸入品は買えるみたい→ LitraTorch – Professional Adventure Lighting [並行輸入品])お値段は高めになってますね。

日本で発売される時の気になるお値段は, ¥12,740です。カメラ機材にしては安いと思ってしまう自分が怖いです。

ネットで調べる限り, ヨドバシカメラビックカメラで予約を受け付けています。かなり売れることが予想されるのでみなさんも早めにチェックして見てください!!

追記:Amazonでも正式に取り扱っているimagevisionから販売が開始されました!!

まとめ

小型LEDアクションライト「Litra Torch」の発売前の紹介でした。

個人的にこの製品は素晴らしいと思います。スペック・利便性・値段がちょうど良いと思います!!

発売されたら, さらに情報が得られると思います。その時には物欲の閾値を越える事は避けられないですね…

それでわ!

 

他にも物欲を刺激する記事たち。

α7Ⅲユーザーの私が欲しいアイテム。予算は15万円。どうも!ロマンワーカー管理人をとこ(@wotoko_roman)です!! 本日は, 「α7Ⅲユーザーの私が欲しいアイテム」について...
予算10万!α7ⅲユーザーはタムロン28-75mm F/2.8 Di III RXDを買えば幸せになれるのか?RX100M5も良い。どうも, ロマンワーカー管理人 をとこ (@wotoko_roman)です。 4/27日?に発売が予定される「タムロン28-75m...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です