ガジェット

【徹底比較】別方向に進化したRX100M6。名機RX100M5と買うならどっち?

どうも!ロマンワーカー管理人をとこ(@wotoko_roman)です!!

SONYの高級コンパクトデジタルカメラ「RX100M6」が発表され, 2018 6/22 に発売が決定しました!!(予約は6/12から)

2016 10/21に発売された名機RX100M5から, 別方向に進化したRX100M6。本日はそんな2つの製品を様々な角度から比較していきます。

カメラ初心者〜カメラ上級者まで, あなたはどちらを買えば幸せになれるのか。目的・使用用途を踏まえながらまとめて行きたいと思います。

RX100M6 vs RX100M5

まずはじめに簡単に違いをスペックを表でまとめます。優れている方は色をつけます。

製品 RX100M6 RX100M5
画像処理エンジン BIONZ X(進化)、フロントエンドLSI BIONZ X、フロントエンドLSI
焦点距離 24〜200mm 24~70mm
F値 F2.8~4.5 F1.8~2.8
サイズ(縦, 幅, 奥行) 58.1×101.6×42.8mm 58.1×101.6×41mm
重さ 301g 299g
液晶モニター 92.16万ドット 122.8万ドット
液晶モニター可動域 チルト(上方向180°、下方向90°), タッチパネル チルト(上方向180°、下方向90°)
動画性能 4K 30p 100Mbps、4K HDR 4K 30p 100Mbps
ピクチャープロファイル S-Log2, S-Log3, HLG S-Log2
NDフィルター 無し 有り(3段分)
Playstation camera app なし 有り
オートフォーカス速度 0.03秒 0.05秒

スペック上ではRX100M6が全て優っているというわけでは有りませんね。基本的にここでまとめた違いについて掘り下げて行きます。

前半は, RX100M6とRX100M5の分かりやすい違いをまとめます。後半ではカメラにある程度詳しい人に向けた内容となります。

圧倒的な差 -レンズ

RX100M6とRX100M5の決定的な違い。それは「レンズ」です。

レンズスペック

  • RX100M6 : 24-200mm F2.8-4.5 ズームレンズ
  • RX100M5 : 24-70mm F1.8-2.8 ズームレンズ

初代RX100〜RX100M5

今まで初代RX100〜RX100M5と歩んできたSONYの高級コンデジシリーズ。多少の焦点距離の違いはあれど(〜RX100M2まで28-100mm), あくまで今までのRX100シリーズは「標準ズーム」と言われる焦点距離でした。

あくまで目安ですが, 風景を撮れる広角(24mm)〜標準よりちょっと遠目(70mm)をカバーするほどの画角。遠目にある物を撮るには少し物足りないぐらいで, 他はなんでもカバーしてくれます。

ズーム域に強くなったRX100M6

photo:SONY

望遠端は70mm(RX100M5)→200mm(RX100M6)となり, 約2.9倍となりました。これは今までのRX100シリーズから大きく変更された点となります。

70mmでは撮影が困難だった遠い物も, 難なく撮影できるようになりました。200mmもの焦点距離であれば, 日常で撮りたいと思ったものは全て撮影できるのではないでしょうか。

焦点距離(ズーム域)の感覚として, 以下の動画(24〜40秒)がとても参考になります。その後のポートレート撮影も素晴らしいです。

暗くなったレンズ。しかしそれは用途次第

次にレンズのF値についてです。スペック上で見るとRX100M5と比べ, F値は1.8→2.8(広角端), 2.8→4.5(望遠端)となり暗いレンズになりました。これはズーム域を伸ばす為にはある種どうしようもない問題です。

F値が高いことによる弊害は, 「ボケが減る・暗くなる(対応しようとISO感度をあげるとノイズが出る)」の2点。しかし, 用途にはよりますが, F値が低い事あまり気にしなくても良いです。(過去の自分に言いたい)

最近購入したこの本は素晴らしい写真がたくさんあります。そしてその写真のほとんどがF22と, 最大限に絞って撮影をしています。この本はとてもオススメです。

ほとんど変わらない外観!?

さて, 次は外観になります。レンズが大きく変わりましたが筐体はどのような違いがあるでしょうか?

RX100M6 photo:SONY

RX100M5 photo:SONY

見た目はほとんど変わらない。この角度ではレンズに記載されるスペックの刻印のみが違う程度。

ほんの少しだけ厚くなった筐体

RX100M6 photo:SONY

RX100M5 photo:SONY

厚み

  • RX100M5 : 41mm
  • RX100M6 : 42.8mm

わずか1.8mmだけ増加した。幅や高さは全く同じです。これほど小さな違いはあまりにも敏感な人でなければわからないレベルだと思います。SONYさんの技術力は流石だと再度認識しました。(重量はたった+2gです。)

望遠使用時にはもちろんRX100M6の方が長くなります。こちらは詳しい情報がわかり次第更新します!

ファインダー方式は変わった

photo:SONY

これは地味ながら便利なアップデートです。写真上では違いは分かりづらいので割愛しますが, RX100M6ではワンプッシュアクセス収納式電子ビューファインダーになりました。RX100M5ではファインダーをポップアップ後, 手前に引き出すという動作が必要でした。

細かいところもアップデートしていこうとするSONYさんの心意気ですね。

スマフォライクに使えるタッチフォーカス/シャッター

photo:SONY

液晶モニターも変更が加わりました。大きな違いは, タッチフォーカス/シャッターに対応したという事です。これにより, スマフォライクに気軽に使えるコンデジとなったと思います。コンデジで気軽に撮影をする時, この機能は便利だと思います。

他にも, 解像度が「RX100M5 : 122.8万ドット → RX100M6 : 92.16万ドット」と落ちてしまいました。その代わりにした方向のチルトは「45°→90°」になり, 角度調整の点では向上をしました。

求めやすさも重要!気になる値段は!?

それでは, スペック以上に気になる「値段」についてです。

RX100M6の発売予想価格は店頭で¥140,000前後となっています。流石, 高級コンデジというだけある価格設定です。これだけの金額があればフルサイズの一眼カメラですら買えてしまいます。しかし, このコンパクトな筐体に収められた, 最新の一眼カメラをも超えうるスペックを有するカメラは他にありません。

一方, RX100M5の最安値は, 価格ドットコムで¥84,979(2018 6/7現在)となっていて、RX100M6より5万円以上も安くなっています。

価格ドットコムによると, RX100M5の発売当初の平均価格は¥125,000でした。1年半以上の時が経ち, 値段がかなりこなれてきたと言得ますね。

結局, RX100M6とRX100M5どっちを買えば幸せになれる?

これまでRX100M6とRX100M5の違いについて触れてきました。結局, どちらを買ったら幸せになれるのか?

RX100M6を買った方が良い人

  • 最新のカメラが良い人
  • 望遠に魅力を感じる人(旅とかにベストだと思う)
  • 値段が高くても問題がない人

RX100M5の方が良い人

  • 明るくてボケるレンズが良い人
  • 新しさよりもコスパを重視する人

簡潔にまとめるとこのようになります!

しかし, カメラ経験者は注意が必要です。次のチャプターまで見てから判断してください!

難しいが大事な変更点

ここではカメラ初心者のことを御構い無しに, RX100M6とRX100M5の難しいが大事な変更点を説明します。

プロユースの動画性能

photo:SONY

RX100M5でも十分素晴らしかった動画性能がさらに上がります。プクチャープロファイルが増えました。S-Log3とHLG(Hybrid Log-Gamma)です。これにより, さらにクリエイティブでハイクオリティーな動画を撮影できますね。

タイムラプスが使えない!?PLAYMEMORIESカメラアプリの未搭載

なんと公式サイトより, PLAYMEMORIESカメラアプリが未搭載だということがわかりました。(RX100M5は有ったが, 最近のSONYのミラーレスも無かった)

これにより最も困るのは, そう「タイムラプス撮影」です。これがカメラ単体でできなくなるのは非常に残念ですね。代わりにレリーズケーブルが必要となりますね。

photo:SONY US

RX100M6と同時にVCT-SGR1も発表されました。グリップ・三脚・有線ケーブル全てが一体となった製品。これにタイマー機能があれば…

クリエイティブな表現に影響。内臓NDフィルターが無くなる。

RX100M5ではあった内臓NDフィルターが無くなりました。これにより, 明るい環境下でシャッタースピードを長くすることができなくなりました。

自然な動画・白い糸を引いた滝・滑らかな水面・タイムラプス撮影などの状況では致命的です。専用の外付けNDフィルターのようなものが, 発売されることを願うしかありません。

公式動画置いときます。

まとめ

RX100M6とRX100M5の徹底比較, 如何だったでしょうか。

SONYはRX100M5で完成されていた高級コンデジを別ベクトルに進化させましたね。新発売のRX100M6もきっと素晴らしい製品になるでしょう。

それでわ。

 

管理人オススメ記事

【物撮り入門】物撮りのクオリティーを向上させるために揃えた機材と環境。写真のクオリティーは記事の質に直結します。たくさんの情報の中から,その記事を読むかどうか決める大きな指標となります。 かくいう私も...
α7Ⅲユーザーの私が欲しいアイテム。予算は15万円。どうも!ロマンワーカー管理人をとこ(@wotoko_roman)です!! 本日は, 「α7Ⅲユーザーの私が欲しいアイテム」について...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です