ハウツー

自分に適した理想のPC環境を考える。

どうも!ロマンワーカー管理人をとこ(@wotoko_roman)です!!

コックピットの様な自分だけの作業環境。男なら誰しもが憧れるロマンです。

本日は私の理想とするPC環境を皆さんにシェアしていきます。皆さんも一緒に妄想しましょう。

ちなみに現在の作業環境は以下の記事でまとめてます。

私のシンプルで心地良いPC作業環境。#わたしのブログ環境

私が考える理想のPC環境

理想の作業環境は人によって様々。私は大学院で研究を行っている学生。そんな私が必要とする項目は、

  • 研究用途
  • ブログ
  • ゲーム

主にこの3つに大別することが出来ます。以下でもう少し掘り下げます。読み飛ばしていただいてもかまいません。

研究用途

基本的に研究は大学の研究室にて行っています。自宅ではゲーム・Youtubeの誘惑に負けてしまいます。しかし, 期限ギリギリになった時はどうしても家でやらざる終えません。そのためにも自宅のデスクで快適に研究ができるのに越したことはありませ。

研究で使用する主なツールこちら。

  • 論文閲覧(PDF)
  • ATOM(エディタ)
  • iTerm2(コマンドプロンプト)
  • Keynote(スライド作成時に使用)
  • safari(調べ物)

かなり多いですね。場合によってはgraphicなどのベクタードローソフトも使用します。

ブログ執筆

暇な時はブログ記事を書くことがあります。私は基本的に, 欲しいものを調べてその知識を整理するため, そして自分の物欲を昇華するためにブログを運営しています。ブログを書くときの情報は基本的にネットから。そのためにもブラウザをたくさん広げるための作業領域は大事です。

ブログ執筆で主に使用するツール

  • Ulysses(エディタ)
  • Lightroom(写真現像)
  • safari

ブログ執筆は研究中に比べたら使用するツールは少なめです。

ゲーム

ゲーム大好きです。基本的に暇な時間はゲームをしていて, ゲームにも飽きたときにブログを書く, というレベルでゲームが好きです。基本的にPS4やswitch(最近やってない)などコンシューマのゲームをしていますが, 機会があればゲーミングPCが欲しい…

理想の構成

私の理想は「iMac 5K + 23インチサブモニター(縦配置)」だと考えています。自宅では、特に広大な作業領域を確保したいです。持ち運びを考える必要がないためです。

例えば研究用途での使用例です。研究をする上で欠かせないのが論文等のリファレンスです。論文を快適に読むために縦配置されたモニターを使うととても捗ります(体験済み)。

論文等は紙で印刷される事を意識しているため縦長です。PCの横長な画面では1ページを収めることが難しいのです。

またエディター(私の場合はATOM)の表示できる行が増えるのも嬉しい。現在使用している15inchのMacBook Proよりも約2倍も表示できるとプログラミングが捗ります。

Macの仮想デスクトップを活用すればいいという意見もあると思うのですが, 現在、研究(研究室)では仮想デスクトップ枚数が4, 5枚となっています。多くとも3枚に抑えて, 左右の仮想デスクトップ間の移動をできるだけ減らしたいのです。

またブログ用途でもこの縦配置したモニターが効いてきます。自分のサイトを一望する事もできるし, 情報収集の効率も上がります。

そしてメイン機であるiMac 5Kの広大かつ精細なモニターがあれば, 写真現像が捗ることは間違いない。ああ, iMacいいなあ。

おすすめのモニター

メインPCとしてiMacを使用しているため, サブモニターはフルHDの解像度で十分だ。オススメのモニターは私も現在使用している, 「FlexScan EV2450 EIZO」です。EIZO社のモニターは高品質・高価格が特徴。研究室で他社の格安フルHDモニター(23インチ)も持っているが, 同じフルHDでも綺麗さが段違いです。スペックには現れない差が出ているのですね。

ゲームをするのにも十分なスペック。(プロ以外なら十分)

コラム 1画面の良さ

ここまで散々サブモニター押しの内容でした。しかし1画面の有効性というものがあります。

  • 画面が少なく集中しやすい
  • 外出先でも常に同じ作業領域をえられる

この2つに利点が集約されると思います。

画面が多いとその分無駄にツールを広げてしまいがち。特にYoutubeを流し始めると時間がいくらあっても足りません。また家では広い作業領域を確保していても, 外出先等ではそうはいかず効率が低下してしまいます。外で作業することが多い人などは, はじめから1画面で最大限効率化を図るフレームワークを構築し, 実践しておくのが良いでしょう。

あと個人的に気に入ってるのがこの使い方。iPhoneを隠すという使い方。LINEの通知などに気づくとすぐ開いてしまう私。PCの下に隠すことで視界から消し去る様にしてます。

この後ろに隠すスペースを作るためだけに作られた製品はこちらです→Bluelounge Kickflip MacBook Pro(13-inch, Late 2016/13-inch, Late 2016, Touch Bar対応) 用フリップスタンド 13インチ

この製品の使用者は全員が高評価をしています。本当にオススメの製品です。

全ての基礎となるデスク

全ての作業を支えるのはデスクと言って過言はないでしょう。それでは, 快適なデスクサイズというものはどのくらいでしょうか。

必要な大きさは?

iMac 5Kのサイズは51.6×65.0cm。奥行きは20.3cm。モニター31.8×53.8 cm。これから考えると, バランス的に140×80 cm ほどは必要でしょう。

横幅はともかく, 奥行きは難しい。日本で売られている多くのデスクは奥行き60cm。しかしこれはPC作業では狭すぎます。80cmほどあるとかなり快適になります。

特にA4用紙を一緒に置けるのは重要。リファレンスをPCで見るのも良いですが, やはりアナログの方が便利だったり頭に入ってきやすい。容易に書き込めるのも良いです。

おすすめのデスク

個人的に狙っているデスクは「Garage fantoni GT」です。Garage(ガラージ)はイタリアデザインのおしゃれで高機能なオフィス・ホーム家具を取り扱っています。

Fantoni GTはスチールのT字脚デザインが特徴のデスク。サイズ・形状・カラーバリエーションを選べるため自分にあったデスクに出来ます。

まとめ

今回は, 自分にあったPC環境(モニター)の配置について紹介しました。部屋の広さ・金銭面での兼ね合いもあり, 理想に近づくにはなかなか時間がかかると思います。

他にも快適な書斎を構築するためのオススメアイテムも, 以下の記事でまとめていますのでよかったらどうぞ!

【2018】快適な書斎, PC環境を構築するためのオススメアイテム

vol1 デスク・チェア編

vol2 ライト・モニター・マウス編

vol.3 スピーカー・ヘッドフォン・その他編

それでわ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です