ガジェット

iPhoneユーザーの私がHUAWEI P20 Proを選んだ理由。

今回は,私の物欲が爆発し,結果としてHUAWEIの最新フラッグシップ機であるP20 Proを購入したという話です。

作例などの詳細なレビューを期待していた方には申し訳ないんですが,本ブログはあくまで私のロマンを発信する雑記ブログなのて許してください。

それでは行きましょう。

どうしてこのカメラを選んだのか?

中学生の頃から, 世代でいうとiPhone4sからスマートフォンを使用しています。ずっとiPhoneユーザであった私が, なぜ, Android端末であるHUAWEI P20 Proを選んだのか。

最近カメラにはまってます

私は最近カメラにはまっています。お金がないながらローンで購入したミラーレス一眼α7ⅲ。購入以来, 充実したカメライフを送っています。

カメラ関連のブログを見ると, サブ機を持っている方が見受けられます。形から入る私は, その様子を見て「サブ機いいなあ」とどこかで考えるようになりました。

実際には, α7ⅲを充分に使いこなせるようになってから, サブ機の購入を検討した方が良いとは思いますが, 明らかに合わない部分があるのも事実。これは後で話します。

 

そんな時, あるスマートフォンが私の物欲に訴えかけました。

それがHUAWEI P20 Proでなんです。はっきり言って「このスマホのカメラは化け物です」

箇条書きにでまとめると、

  • Leoca製のトリプルレンズの圧倒的絵作り
  • スマホを凌駕するセンサーサイズと高感度性能
  • 5倍まで劣化しない光学ズーム
  • マスターAIにより撮影に適するよう自動で設定

が挙げられます。

詳しくは, 過去にAppleのフラッグシップであるiPhoneXとスペックを比較した記事を書いたので, 気になる方は先にお読みください。

【徹底比較】HUAWEI「P20 Pro」のカメラが凄すぎる!!価格、スペックをiPhoneXと比較する。どうも「をとこ」です。 最近一眼レフを買い、カメラ自体を被写体とするためにサブカメラが欲しくなっています。カメラの沼って本当にすご...

細かいところは抜きにまとめますと, 一眼カメラのサブ機としては抜群の性能で, 手軽さを考えると今持っているα7ⅲ以上にカメライフを充実させてくれます。そう思い今回の購入に至りました。

iPhone7のカメラの不満

乗り換え前の携帯はiPhone7でした。実はまだキャリアによる2年縛りはとけてません。これは後半で語ります。

iPhone7を購入した当初はカメラなんて全く興味ありませんでした。そのため, iPhone7+のようにカメラ機能が充実しているシリーズは選ぶ考えなどありませんでした。

「カメラはα7ⅲがあるからいいじゃないか。」と思われるかもしれません。現時点でα7ⅲで撮れる絵にはとても満足しています。しかし, 以下の2つの不満点があります。

  • 持ち出すにのパワーがいる
  • iPhone7の画角28mmではブツ撮りしづらい(カメラ自体が撮れない)

1点目は一眼ユーザーの誰しもが持つ悩みだと思います。もちろん物理的に重くて力が必要。しかし, それ以上に一眼カメラというものを取り出す事にパワーが必要です。

旅の恥はかき捨て。旅行や遠出した時は簡単にカメラが取り出せます。でも日頃慣れ親しんだ場所でカメラを取り出すのは案外恥ずかしい。。

2点目はサブ機として考えたiPhone7のダメな点です。28mmは広角であり, ブツ撮りをするときは歪んでしまいます。こうなると愛機であるα7ⅲを美しく撮ってあげる事が出来ません。

 

一番の問題点は, 「iPhone7じゃ気分が乗らない。」というのが原因。

形から入りスペックを気にしてしまうのは良くないのですが, ガジェット好きな私はそういう部分に惹かれてしまい, やる気が左右されてしまうのです…

購入後の正当化

フィルムを貼っている風景。

ここまでHUAWEI P20 Proを選んだ理由を書いた。ですが, これらの理由は建前です。

もちろん, 過去記事でも取り上げたようにHUAWEI P20 Proが素晴らしい製品だとは思っていました。しかし最終的には, 物欲に流され, 買うつもりはなかったのに買ってしまった。そんな自分を正当化する理由にすぎません。

それではなぜ物欲に流され買ってしまったのか。詳細を時系列で語ります。

ヨドバシのドコモショップにて

元々は夏服を買いに行くという目的で街へと繰り出した土曜の昼下がり。30度を超える猛暑の中なんとかお目当ての服を見つける事が出来ました。

その後, 時間が余ったため, 10分ほど歩きヨドバシカメラへ向かいました。

最初は買うつもりなどなかった

ヨドバシへ向かった当初の目的は, 時間潰しとRX100M6を触りに行く事でした。RX100M6に関する記事を書いたのにも関わらず, 時間の都合上ためせていませんでした。

関連記事:【徹底比較】別方向に進化したRX100M6。名機RX100M5と買うならどっち?

私の近くにあるヨドバシは, 駅側から入ると3階の携帯ショップコーナーがお出迎えしてくれます。普段は客引きが多いためスルーをしてしまうコーナー。しかし, 通りかかった時に, P20 Proがdocomoから発売されたことを思い出しました。

機体を弄っていると, 案の定店員が話しかけてくる。購入するつもりは毛頭なかったが少し喋っていると店員さんがあることを教えてくれました。

乗り換えで本体代金が実質無料

日本の携帯のシステム的に, 2年縛りにはなるが, 本体代金が大幅に割引される事がよくあります。(その分, 通常の使用量が高い。)

HUAWEI P20 Proの本体価格は約¥105,000。私がauユーザーであった事, また月末であった事から, 本体代金は100,000円が割引されるという事でした。

「安くなるとは言っても買わないよ。」と思って話を聞いていましたが, 丁寧にも, その場で見積もりを出してくれました。

なんと月々の料金が3,000円弱やすくなるという事でした(本体料金, その他オプション込み)。

見積もりをみてから一気に気持ちが傾きました。最新の携帯にできるし, 月々の使用量が安くなる。auでの解約料とiPhoneの本体残金(¥9,600)を考慮したとしても, 10 ヶ月程でpayできる。iPhone7本体を売れば¥35,000になるらしく, それを考えればすぐ取り戻す事もできる。

携帯料金で一番安く済ます方法は, 自分で格安SIMにする事。しかし, 回線速度の問題, サポート, 何より決定的なのが, 日本ではP20 Proはdocomoでしか発売していません。( Galaxyなど他のフラッグシップにも同様なものがあ。)

 

これらの様々な理由を, 店員と喋っている間に考えました。その結果, 自分の物欲が爆発したのであります。

解約の面倒さはある。

もちろん, 解約の手続きなどはかなり面倒したす。まずはMNP予約番号を発行してもらい(¥3,240), それからの乗り換えを行なわなければなりません。

何より面倒なのがauで作ったクレジットカードです。auユーザーで無くなると, 年会費が1,000円ほどかかってしまいます。

新しくクレジットカードを作り, 現在auカードを指定して支払いを行なっているもの全てを変更する必要があリマス。

  • オススメのクレジットカード
  • 手続きの効率化(支払いカードの変更)

これらを今後調べて行う必要があります。あまり先延ばししないように, 一気に終わらせたいと考えています。

今後の課題。

私にとって初のAndroid。Apple製品が多い私にとって親和性の問題が出てきます。

具体的な今後の方針として

  • Androidの基本をマスター
  • apple純正アプリではなくgoogleなどで共有(カレンダーなど)

この2つが課題になります。

iosに慣れ過ぎてしまった私はAndroidの操作性に全く慣れるが出来ません。これは時間が解決する問題だと思っています。基本をマスターした後は, さらに効率的に使えるよう自分好みにカスタマイズして行くつもりです。

appleのアプリの親和性(簡単に素早く同期)してくれる, メモやカレンダー等のアプリ。この乗り換えも今後の課題になります。具体的には, iCloudではなくdropbox(もしくはgoogle drive)を利用するなど, 様々なフレームワークを考え直す必要が出てきます。しかし, そういった類の事は割と好きなので苦になりません(面倒ではある)。

まとめ

今回は, 「物欲に負けてHUAWEI P20 Proを購入した。」という記事でした。

購入するまでの経緯・葛藤などを書来ました。これによって, 今後どのように運用するかがより整理された気がします。

次回からはHUAWEI P20 Proの使用レビュー, そしてiosユーザーがAndroidに乗り換えた時に起こる種々の問題へのアプローチなどを記事にしてきたいと考えています。

 

 

追記:さらに詳細な開封レビューを書きました!

【開封レビュー】HUAWEI P20 Proは機体としても美しい。どうも!ロマンワーカー管理人をとこ(@wotoko_roman)です!! 今回は, 史上最高のカメラ性能を誇るスマートフォン, H...

それでわ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です