ガジェット

初めてのストロボに!! SONYのミラーレスにはGodox TT350sがベストな理由。

どうも!ロマンワーカー管理人をとこ(@wotoko_roman)です!!本日はSONYのミラーレス一眼ユーザーに向けて, その中でも特にカメラを始めたばかりの人にオススメのストロボ「Godox TT350s」をご紹介していきます。

私自身, 最初のストロボ選びは苦労しました。それは初心者向けの情報が少なかったからです。

前半はストロボの機能について軽くまとめ, 後半ではGodox TT350sの機能や優れている点のまとめ・使用レビューという構成です。

それではいきましょう!

SONYのストロボ選びの難しさ

SONYのストロボ選びは難しいです。ホットシューの互換性の問題が大きいです。

カメラ初心者の私は,

「SONYのカメラだったら, ストロボはコイツが使えるよ。こっちのヤツは機能は制限されるけど , こういう使い方なら出来るよ!」

と言って欲しかった。

今回はそんな方のためにまとめます!

他者と違う!?マルチインターフェースについて

まず始めは, SONYのストロボ選びの難易度をあげる原因のMI(マルチインターフェースシュー)についてです。コレはSONY独自のインターフェースなのです。

ネットで製品を調べると, SONY対応と書いてあるストロボもあれば, 「明記されていないけど使えました」というレビューのある商品が混在しています。私もコレには悩まされました。

Newwwrのストロボの一例です。製品名にSONYだけ入ってませんね。

結論から言うと,

SONY対応と書いてあるストロボ

  • MI(マルチインターフェースシュー)
  • 機能が制限されない

SONYと書いていないストロボ

  • ISO標準のアクセサリーシュー
  • 機能が制限される
  • でも使える(マニュアル発光のみなど)
  • 変換アダプターや魔改造をする必要あり?

という理解で大丈夫です。SONYのマルチインターフェースシューと他社のホットシューは形状は一緒なんです。ストロボはハマりますが, 電子接点の問題で使えない機能がでてきます。

参考:フォトスク 「アクセサリーシュー(ホットシュー)とは

実はコレぐらいしか理解していないですが, 初心者の私の用途には十分です。SONY純正を買うなら, 互換性など考える必要はないのですが, そうはいかないですよね。値段が高すぎますから。

SONY対応と書いてあるサードパーティー製のストロボも数が少ないですが存在します。それを買えばひとまずひとまず問題ありません。今回紹介するGodox TT350sはSONY用なので互換性とか制限を気にする必要は一切ありません!!

そしてSONY対応でない製品でも使えます。クリップオン(カメラの上に乗せてとる)でもワイヤレス発光(別途でスレーブ必要だが)もできます。しかし, 光量などはマニュアルで調整する必要が出てきます。

TTL発光?ハイスピードシンクロ?何それ?

次は発光方法についてです。覚えてもらいたいのは3つ。

  1. マニュアル発光 – 手動で調整
  2. TTL発光 – 自動で調整
  3. ハイスピードシンクロ – 高いシャッタースピード(昼の屋外など)でも使える

です。私のような初心者にとっては先ずはコレで充分です!

2番のTTL調光(自動で調整)が鍵になってきます。コレがとても便利。そして, この機能がつくとお値段が高くなるのです。マニュアル発光だけで良いのなら中華製の安いストロボがたくさんあります。

参考:FUZIFILM「フラッシュを使いこなして見ませんか?

Godox TT350sがオススメな理由

今回ご紹介するGodox TT350Sのオススメする理由についてです!

SONY純正ストロボは高すぎる

まず始めに, SONYの純正ストロボの値段は高すぎます。このため, 多くの方が別のストロボを探しています。

Godox TT350sは購入時価格で¥9,700。一方, SONY純正のHVL-F32Mは同等の機能ながら¥28,500+(税)。価格は約3倍にもなってしまいます。

正直ストロボは海外製で良いと思います。機能的にも劣らず値段もかなり安い。複数ライティングでストロボを追加で購入したり, ストロボ自体が割と消耗品であるという事を考えると, わざわざSONY純正を買うメリットは少なそうです。

 

追記:Twitterで意見をいただきました!


どうやら耐久性に関しては純正にかなり分があるようです。使用用途・頻度にはよりますが, 安心感などを求めるなら純正が良いですね。

ご意見を頂けた事, 記して感謝申し上げます!!

 

YONGNUOのストロボはマニュアル発光のみになりますが, かなり安いです。また評価も高いです。これを最初のストロボとして使う人も多いためオススメです。

中級者でも必要十分な機能

次にGodox TT350sの機能についてです。

Godox TT350は初心者の私にとっては十分すぎる程の機能を有しています。

  • GN36の光量 – 私の用途では十分
  • TTLでお手軽に発光
  • 首振りできる
  • HSS:ハイスピードシンクロに対応

Godox TT350sの開封・使用レビュー

それではGodox 350sのレビューに移ります。

シンプルかつコンパクトな見た目

とてもシンプルな見た目です。この値段ながら液晶画面もちゃんとついています。プラスチックですが安っぽさは全く感じないです。

同梱物はかなり豊富。ですがイマイチ使い方側分からない(右上)がモノあります。

名前が分からないのですが, ストロボを自立させることができるモノも付いています(後ろに三脚穴有り)。また光を和らげることのできるディヒューザーも付いています。

キャッチライトを入れることの出来るパネルも内蔵されています。

Godox TT350sの使い方

説明書は中国語で書かれているためよく分かりません。ネットでまとめてくれている方がいるので, 詳しい使い方はそちらを参考にすると良いでしょう。私は動画が参考になりました。(英語ですが大体わかると思います。)

参考:【説明書】日本語のTT600説明書を勝手に作りましたのでどうぞご活用くださいませ!

私の使い方

最も使うのは左のボタン。押すと発光のモードを切り替えることができます。マニュアル発光は1/3ずつ調整ができます。(これって結構珍しいらしい。)TTLで楽をしたり, マニュアルで表現を変えて見たりします。

HSSやワイヤレス設定も最初に行なっていますが, さっきの動画の方が圧倒的に分かりすいので、, 困っている方はそちらを見てください!

ちなみに左の赤いボタンを押すと面白いことが起きました。

無事に目がやられました。皆さんも気をつけてください。

SONY α7ⅲ × Godox TT350sがカッコいい

私の所有しているα7ⅲとGodox TT350sの相性についてです。

TT350sはSONY用なので勿論マルチインターフェースシューです。硬く取り付けるのに少し苦労しますが, 強度を確保するためでしょう。

カッコ良すぎます。Godox TT350sは, コンパクトなフルサイズミラーレス一眼α7ⅲにベストマッチします。

横から見ても素晴らしいですね。充分な機能・価格・質感と3拍子揃って文句のつけようがありません。

ちなみにこれらの写真は, 最近購入したHUAWEi P20 Proで撮影を行っています。

ブツ撮りでの作例

ここではストロボを使った作例を乗せたいと思います。私自身, 購入して日が浅く使い充分に使いこなせていないため, 「ストロボ買うと最低限こういうのが撮れるんだ」という程度でお願いします!

まとめ

今回は, SONYユーザーに初めてのストロボとしてオススメの「Godox TT350s」の紹介でした。

SONY用で互換性に気を使う必要がなく, 値段も手頃で機能も十分!!という素晴らしい製品です。

みんなもストロボ買って表現の幅を広げてみては!?

それでわ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です