ハウツー

【オススメ】Ulyssesでブログ執筆が捗る。3ヶ月使用レビューとTips。

「そうだ。ブログを書こう。」

 

今回は私がブログ執筆で使用している, Mac・iOS用のエディターアプリ「UlyssesのレビューとTipsをご紹介します。

蝶々とペンシルのアイコンが特徴のこのアプリ。その美しいアイコンに秘められた, 「心地よく文字を打つ」というシンプルでミニマムな機能。そんなアプリの紹介となります。

それではいきましょう。

Ulyssesとは

Ulyssesとは, Mac・iPad・iPhoneのための, 究極のライティングアプリケーションです。→Ulysses公式

 

Ulyssesは¥550/月, ¥4,400/年のサブスクリプション形式です。(学生は, ¥1,300/6ヶ月)

「ただのテキストエディターなのにお金を?」と思う方がいるかもしれません。しかし, それ以上の価値を見出してくれるアプリケーションです。

Ulyssesの素晴らしいところ

シンプルで美しいUlysses。使い勝手が良いのはもちろんのこと, 何よりも気持ちよく執筆できるのが特徴です。

以下では, 個人的に感じるUlyssesの良いところを堀り下げていこうと思います!

シンプルかつミニマルなUI

これがUlyssesの基本となる画面です。とてもシンプルな構成となっていて, 見れば大体何ができるかわかります。

左と真ん中のカラム(ライブラリ・シート列)は, 執筆中の原稿や投稿した記事を整理する事ができます。直感的にドラッグドロップでファイル・フォルダのディレクトリ(居場所)を移動する事ができます。

執筆に集中できる美しいデザイン

クリーンで美しいデザインが, Ulyessesの1番の良いところだと個人的に感じます。エディターモード(⌘3 or 左上のボタン)にする事で, さらにシンプルな執筆環境へ変える事ができます。

Ulyssesは最低限の装飾しか施しません。これは, 「テキストに没頭させたい」という開発者の意図があるからです。

マークダウン記法で書き下せる

 

UlyssesはMarkdown記法が使えるエディターです。Markdown記法はシンプルで分かりやすいのが特徴です。Ulyssesと抜群の相性ですね。

個人的には, ##で(<h2>に相当)先に見出し, ###で小見出しを設定し, 構成をある程度決めてから書くのがオススメですね。全体を最初に整理してから執筆に取り掛かると捗ります!!

そのままWordPressに投稿

WordPressで投稿する際は, 基本的にはHTML形式です。でもUlyssesはプレーンテキストやHTML形式などで書き出しも可能で, なんとWordPressに投稿までできてしまうんです!!

そしてカテゴライズや, タグ付けまで出来てしまうんですから驚きです。

しかし, この便利な投稿機能にも1つ問題点があります。これは後の, 「Ulyssesの私の使い方」で解決方法と共に詳しく書きます!

モバイルな執筆 – iCloudで共有

Picture : Ulysses

UlyssesはiCloud経由で保存されます。そのため, iPad・iPhoneを用いればモバイルな執筆環境の出来上がります!!

  • 家:Mac
  • 外出先:iPad Pro

のような執筆環境を構築するのが理想ですね。

家ではガッツリ記事を執筆し投稿。外出時は, 記事ネタや構成を思いついたときにメモ, 出来るなら文字起こしも, という形で運用するのが効率的だと思います!

関連記事 : 私がiPad Proを欲しい理由・使い道・アプリ

私のUlyssesの使い方・Tips

ここまでは, Ulyssesの個人的に感じるメリットを上げて来ました(まだまだ機能あります)。

シンプルなエディターといっても, その運用方法は人それぞれ。ここでは私の具体的な使い方とTipsを紹介します!!

文字起こし

Ulyssesの最もシンプルでパワフルな使い方ですね。それでいて, 記事執筆には最も大切な要素の1つです。先述のように, 先に見出しだけある程度決めて, 一気に文章を書き上げます。

文字起こしを全く妨げないUlyssesのエディターモードは最高です本当に。(でもYoutubeが邪魔して来ます。)

画像挿入できる!しかし…

Ulyssesは画像の挿入もできます。フルサイズで画像を挿入することはできませんが, 記事の構成としては大変見やすいです。また, プレビューモードにすることでさらに構成がわかりやすくなります。

そしてUlyssesが凄いのは, 画像ごとWordPressに投稿ができてしまう点です。

そしてこの便利機能が問題になります。画像を挿入すると投稿するのに10分程度かかってしまうのです。(サーバー接続の問題か?画像の容量はそこまで関係ない模様。)

ちなみに画像無しだと10秒もかからず投稿できます。

解決方法

画像挿入時に投稿時間が爆発的に伸びてしまう事への対処方法をお教えします。

解決方法

  • 先にWordPressで画像だけアップロード
  • URLを挿入

たったこれだけです。

メデイアから使用したい写真のURLを選択し,HTMLタグ(~ <img src=“”>~)で画像を挿入できます。

このように画像を挿入する事ができます。この場合は投稿時間が全くかかりません。

 

WordPressで最終調整

文字起こし〜画像の挿入まで完了すれば, 記事はほぼ完成です。これでついに投稿に移ります。

投稿をするとすぐに, webでの自分のブログの投稿画面に遷移します。そしてこの画面で最終調整を行います。

プレビューを使い最終的なバランスを見て調整を行います。これに関してはWordPress出ないとできませんね。

 

過去にもブログ執筆のフレームワークの記事を書いています。ブログ全体の作り方に興味がある方はそちらを参考にしてください!!(今とは若干違いますが。)

【図解】ブログ初心者のブログ執筆フレームワームワークどうも!ロマンワーカー管理人をとこ(@wotoko_roman)です!! ブログを始めて1ヶ月が過ぎました。初めてのブログながら月...

まとめ

私がブログ執筆にオススメする「Ulysses」というエディターアプリケーションのご紹介でした!!シンプルかつパワフル, そして何よりも洗練された美しいアプリケーションです。

ブログの執筆方法は多種多様。Apple純正のメモアプリやBearといったアプリ, Atomのようなプログラミング用のエディターを使う人などもいると聞きます。自分に合ったものが一番ですね。私にとってはそれがUlyssesだったのです。

皆さんのブログ環境構築の一助となったら幸いです!!

 

それでわ。

 

UlyssesをApp Storeで探すのはこちらから。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です