ガジェット

【1年使用レビュー】「Kickflip」はMacBook Pro最強のアクセサリー。

どうも!ロマンワーカー管理人をとこ(@wotoko_roman)です。

 

「MacBook Proをさらに快適に使用したい。」

特にガジェット好きの方は、そう考えている人も多いと思います。毎日、相棒のように、時には恋人のように使っているMacBook Pro。それをさらに快適に使用するために、今回は物理的にアプローチをしましょう。

この記事は、MacBook Proにオススメのアクセサリー、BlueLounge 「Kickflip」の1年間使用レビューとなります。

 

それでは行きましょう。

BlueLounge 「Kickflip」レビュー

BlueLounge 「Kickflip」はMacBook Pro用のスタンドです。

多くのMacブロガーの方が記事にし絶賛している事もあり、この製品を知っている人は少なくないと思います。

既に多くのレビュー記事が存在します。それにも関わらずレビュー記事を書こうと思ったのは、このKickflipがあまりにも素晴らしい製品で、私のこの製品に対する想いを1つの記事としてまとめたかったからです。

それでは具体的にレビューをしていきます。

タイピングの快適さが向上

この製品の最大の売りは、このタイピングの快適さにあります。

MacBook Pro 2016からバタフライキーボードなり、薄いキーボードとなりました。浅いキーストロークは個人的に気に入っていますが、問題なのはそのフラットさ。

市販の外付けキーボードを見れば分かるように、キーボードの打ち心地を良くするためにキーボード全体が傾けられている製品が多数です。

 

初めてKickflipを利用した時、「角度をつけるだけでここまで打ち易くなるのか。」と感動しました。試したことがない方は適当なモノ(本)などで、角度をつけてみて下さい。驚きますよ。

グリップ力が上がり持ち運びしやすい

個人的に気に入ってるのがこのグリップ力の向上。シャツがしわくちゃなのは内緒。

元々は、タイピング性能の向上と熱を逃がすエアスペーサーとしての役割のため造られた本製品。このグリップ力はあくまで副次的な効果です。

私は修士学生であるため、セミナーや講義等で部屋を移動することがしばしばあります。ケースに入れて持ち運ぶ程でもない短い移動。そんな時に、このKickflipがあれば、グリップ力が向上し安心できます。(絶対落ちないという訳ではないので気をつけて下さい。)

ちなみに画像は4K撮影して(Slog2)キャプチャーしました。

エアスペーサーとして機能

Kickflipのもう1つの大きな機能である、熱を逃がすことのできるエアスペーサーとしての機構

MacBook Proはファンレス構造です。さらに、Final Cut ProやLightroomのようなアプリで高負荷な作業を行うとかなりの熱を持ちます。

高さは約3cmです。

エアスペーサーが効率的に熱を逃がしてくくれるため、本体温度を下げるのを手助けしてくれます。cpu温度が高い状態は、壊れるのではないか、と精神衛生的にも良くありません。

何度も貼り付け可能

見落とせないのが、何度も貼り付け可能である点です。

粘着テープでMacBook Pro本体に貼り付けるようになっているKickflip。粘着の強さはどちらかと言うと弱めになっています。

これは、取り外しがしやすいようするためと、粘着面を水洗いする事で再び粘着力が回復するようになっているためだと考えられます。


美しいMacBook Pro。汚したくないですよね。Kickflipは絶妙な粘着力と回復力で、汚さずに半永久的に使用することができます。

まとめ

様々なアクセサリーを購入しましたが、未だにこのKickflipを超えるアクセサリーはありません

ちょっと目立つという欠点はありますが、それを補ってあまりある快適さです。デザインもシンプルでMacの美しい外観を損ねないのも良いですね。

お値段は、15インチ用で¥3,000を切ります。この値段で、こんなにも満足できる製品。

 

これからも、縁の下の力持ちとして私のPC作業を支えてくれるでしょう!!

それでわ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です