ファッション

【初心者にオススメ】本格的な靴磨きを始めるために揃えた道具。鏡面仕上げに挑戦。

どうも!ロマンワーカー管理人をとこ(@wotoko_roman)です!!

靴磨き、始めます。

 

靴磨きといえば、男のロマンの一つです。しっかりと磨き上げられた革靴は憧れますよね。自分のお気に入りの道具を丹精込めて手入れをすれば、さらに愛着が湧きます。

今回は、靴磨きを始めた私が揃えた道具・靴磨きの方法を紹介します。

  • 靴磨きに興味あるけど、何を揃えればいいか分からない人。
  • 靴磨きの基本的な流れが知りたい人
  • 鏡面仕上げに挑戦したい人

にとって特に参考になると思います!

 

それでは行きましょう。

靴磨きの道具


靴磨きの道具をまとめました。今回揃えたグッズは、コスパの良さと定評のある道具を中心に揃えました。

それぞれの道具の役割は、靴磨きのやり方と並行して解説します!

初心者が靴磨きに挑戦!

靴磨きの方法を色々と調べましたが、細かい差異はあれど大筋は一緒。今回は、靴磨きから鏡面仕上げまで挑戦してみます!

今回使用する革靴は、「Dr. Martens 1461 MONO Black」です。一般的なマーチンと違い、ステッチ・ソールまでオールブラックで仕上げられています。カジュアルからドレスまで、どんなシーンでもお洒落に履けるのが魅力です。

購入から二週間ほどなので目立った汚れはありません。いかにも「普通」という感想です。磨くことでどれほど魅力的な靴に生まれ変わるのか。

1. 下準備

良い仕事を行うには下準備が欠かせません。口磨きで必要な行程は2つ。

  • 靴紐を外す
  • シューツリーを入れる

シューツリーを入れることで、革のシワを伸ばしたり、形状を整える効果、何よりも靴磨きが行いやすくなります。普段の管理の観点からも、消臭・除菌・除湿もできるレッドシダーのシューツリーは欠かせません。

2. 馬毛ブラシでブラッシング

下準備が終わったらまずは馬毛ブラシでブラッシングを行います。馬毛は毛が細く、革表面もちろん隙間・シワのホコリや汚れを取るのに適しています。

3. ステインリムーバーで革をスッピンに

次に革表面の古いクリーム・ワックス、頑固な汚れをステインリムーバーで除去します。化粧後のクレンジングのイメージで、新しい化粧(クリーム塗布)をする前には古い化粧が落とす必要があります。

ステインリムーバーは二回に分けて使用しました。「数回やると良い」や「やりすぎると革を痛める恐れがある」という情報があったため、とりあえず二回で行いました。(今回は水性のリムーバーになります。成分で勝手が変わるので気を付けて下さい。)

4. Saphir Noir クレム1925を塗布

お洒落な容器に入った、Saphir Noir クレム1925でクリームを塗布していきます。このクリームは少し値段が貼りますが、使用者の評価が軒並み高いです。

米粒2、3個分ほどのクリームを豚毛ペネトレイトブラシで塗り込みます。ペネトレイトブラシを使えば細かい部分までクリームを塗布することができます。付けすぎに注意。

5. 豚毛ブラシでマッサージ・ブラッシング

革全体にクリームを塗り込んだら、次は硬い豚毛ブラシで靴全体をブラッシングします。マッサージをするように大きく動かすのがコツです。こうすることで光沢が出てきます。

余分なクリームをウェスで拭き取れば靴磨きは一通り終了です!動画を撮ってキャプチャーしたのですが躍動感がすごい。色味が違うのは脳内で補正してください。

写真では分かり辛いですが、最初と比べるとかなり光沢が出てきました。普段の手入れではここまで磨けば十分だと感じました。

6. 鏡面仕上げに挑戦!!

今回は鏡面仕上げまで挑戦します。人生初挑戦です。はたして上手く行くのでしょうか。

  1. クリームを爪先部分に薄く塗布
  2. 1〜2分放置する
  3. 水を一滴つけウェスで磨く

この行程を繰り返します。鏡面仕上げも人によってやり方が変わりますが、今回は男前研究所さん ”革靴磨き【ハイシャインポリッシュをマスターしよう】”を参考にさせて頂きました。

ワックスの間の蓋に水を取って起き、爪先部分の先端に水を垂らします。

あとはひたすら磨くだけ。ロウのコーティングを重ねていくイメージで。しかしこれがとんでもなく難しかったです。磨いたのに逆に光沢が減ったりという具合に..

Before – After

そんなこんなで靴磨き~鏡面仕上げまでの工程を終わらせました。果たしてどのくらいの変貌を遂げたのか。

Before

Afterどうでしょうか、見事に靴がピカピカになりました!!鏡面の度合いも主張しすぎず丁度良く収まりました。左右の靴でムラがあるのが反省点です。
別の角度から眺めても美しい。磨き終わった革靴を見るのは至福のひと時です。鏡面仕上げは練習が必要だと感じました。

まとめ

今回は、本格的な靴磨きに初挑戦しました!!

大きく改善の余地があると感じましたが、自分の靴が自分の手によって綺麗になる事は素晴らしいですね。もっと研究を重ね、靴磨きのコツやTipsが自分なりに分かってきたら再び記事を書こうと思います。

 

余談ですが、今回の靴磨きで一番苦労したのは写真撮影でした。機材を汚すわけにはいかないのでかなり気を使いながら撮影を行い、1時間以上かかりました..。次回はカメラマンを募集しよ。

それでわ。

革靴

靴磨きで使用した道具達

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です