ファッション

デザイン・素材・細部まで拘ったADAM ET ROPE 「ALIIED ショートダウンフーディ」

どうも!ロマンワーカー管理人をとこ(@wotoko_roman)です。

 

10月も後半に差し掛かり、日々深まる寒さでアウターに手が伸びているのではないでしょうか?

個人的には寒さ対策としてはダウンジャケットが至高だと考えています。他の種のアウターでは得られない程の暖かさで優しく包み込んでくれためです。

「今シーズンこそは良いダウンジャケットを手に入れよう。」と思っている中で、運命的なダウンと出会いました。

 

ADAM ET ROPEの「ALLIED ショートダウンフーディ」です。

 

男心をくすぐるデザイン、着回し力、抜群の素材、細部への拘り、そしてコストパフォーマンス。どれをとっても優秀なダウンジャケットで、今回はこの「ALLIED ショートダウンフーディ」を紹介をしていきます。

ADAM ET ROPE 「ALLIED ショートダウンフーディ」

今回購入したダウンは、このADAM ET ROPE 「ALLIED ショートダウンフーディ」です。

ADAM ET ROPE(アダムエロペ)はミニマルで洗練された、そして心地よい衣服を取り扱うセレクトショップです。そんなADAM ET ROPEが送り出す「ALLIED ショートダウンフーディ」はミニマルな佇まいでありながらも、ディティールに拘りを感じるダウンジャケットです。そして何よりも素材が素晴らしい。

何にでも合わせられる抜群のデザイン性

まずはデザイン面に着目しましょう。このダウンジャケットはマウンテンパーカのようなアウトドア感があります。しかし、野暮ったさは微塵も感じません。

この製品は、「きれいめなスラックスにも合うダウン(出展: 手が届く価格で最良の選択。“ダーミザクス”の高コスパアウター)」として開発されたという経緯があります。

ここでは着例をあげることは出来ませんが(気になる方は上記のページへどうぞ)、スラックスにもカジュアルなパンツにも合わせられ、特に綺麗めカジュアルにベストなダウンジャケットだと感じます。

筆者はデニムを愛する男ですが、これまた抜群に相性が良いです。この組み合わせに加え、前回紹介したDr. martens 1461 monoがこの冬の鉄板になりそうです。

アウトドア環境まで大丈夫な優秀な素材

次に大事になってくる要素、特に男心をくすぐるものとして「素材」というファクターがあります。この製品の最大の特徴は、この「素材」にあります。

東レ開発のラミネート素材Dermizax

ALLIED ショートダウンフーディは、東レ社製のラミネート素材Dermizaxを使用しています。防水性、透湿性、低結露性に優れたラミネート素材で、ストレッチ際にも優れており着心地は抜群です。

胸ポケットは止水ジッパー仕様

スペックとしては、耐水圧20,000mmとなっています。一般的なレインコート(安いモノ)は耐水圧が2,000mmなので、このダウンがいかに耐水性に優れているかが分かると思います。

また、透湿性10,000g/m^2という数値。これはGORE-TEX(13,500 g/m^2)にも匹敵する数値となっています。ダウンを着たまま暖かい部屋に入っても、抜群の透湿性でダウンの中が蒸れず、着っぱなしでも快適でいることが出来ます。暖かさは勿論重要ですが、この「暑くならなさ」というのも大事な指標の1つだと考えています。

700FPの暖かいダウン

外側の素材だけでなく、内側のダウンまで拘っているのがALLIED ショートダウンフーディの素晴らしい点です。

ダウンとしては、ALLIED FEATHER&DOWN社製の700FP(フィルパワー)のダウンを使用しています。有名なアウトドアメーカーも使用する品質の高いダウンであり、700FPという値はそのダウンの軽さと暖かさを表します。

このFPの数値が高いほど軽くて暖かく、600FP以上で良質・700FPでは高品質と言われているため、このダウンの品質の高さが伺えます。見た目以上に軽く暖かいのです。

ADAM ET ROPE のALLIED ショートダウンフーディに対する本気度が伝わってきます。

細部にまで感じる拘り

アウターは冬では毎日着用するモノだからこそ、細かいところへの配慮というのが大事なります。勿論、この「ALLIED ショートダウンフーディ」はディティールまでとことん追求しています。

高いフードに加えて、首回りにフリース素材を配置しています。そのためマフラーいらずで荷物を減らせます。勿論、首元のファスナー部には地肌と金属の接触を避けるためのガードもあります。

ジッパーは信頼できるYKK製。またジッパーについている大きなタグは、ブランドの権威を表しているのでは無く、手袋をしたままでも上げ下げがしやすいように設計されているためです。また、風や外気の侵入を防ぐ外ボタン付き。本当にアウトドアまでの仕様を考えられています。

自転車に乗るときなどに役立つドローコードも兼備。

内側の収納は2つ。どちらも大きめで汎用性が高いです。

外側のポケットは大きさも十分で、さらに内側がフリース素材となっており手を温めることも可能です。

まとめ

私が購入したADAM ET ROPE 「ALLIED ショートダウンフーディ」の紹介でした。

素材から細部のデザインまで徹底的に拘った逸品です。長く愛用していこうと考えています。

シーズンには毎日着るアウターだからこそ、自分の気に入っている拘りのモノを着用してみては如何でしょうか?

 

それでわ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です