ガジェット

初のiPad Proを開封!!10万円を超える魔法の板の開封・ファーストインプレッション

どうも!ロマンワーカー管理人をとこ(@wotoko_roman)です。

 

11/7の夕刻、Appleから魔法の板「iPad Pro 11inch」がやってきた。

私にとって初のiPad Proである。本日は勢いに任せたiPad Proの開封。数時間弄って感じたファーストインプレッションをお届けする。

 

魔法の板 iPad Pro 11インチとご対面

新製品、特に高級なモノを開封する瞬間は格別である。ここら辺は本当に自己満足なので、ファーストインプレッションを読みたい人は目次から飛んで欲しい。

出鼻をくじかれたiPad Proの開封。

Apple PencilとiPad Pro 11インチの箱。相変わらず外箱のくせにシンプルで高級感が漂う。(話はそれるけどガジェットの外箱はコレクションしてます。)

少し変わったと感じたのがラミネート方法。今まではカッター等を使用しなけらば開封できない仕様であったが、引っ張るだけで簡単に開けられるようになっていた。まるでコンビニのおにぎり。

ここで気づいてしまった。Smart Keyboard Folioがないという事実に。USキーボードを選択したために、お届け日が11日になっていた..。届くまでどうやってiPadを保護しよう。

開封〜ガラスフィルム貼り付け

出鼻はくじかれてしまったが開封を行っていく。

美しい..。色はスペースグレイを選んだが正解だった。Apple製品の中でも抜群に高級感が漂う。インテリアとしても機能する事間違いなし。

開けた瞬間にセットアップが始まった。iPad Air2を所有しているのだが、近づけるだけで(あとQRリーダー的な操作)だけで同期する事が出来た。

埃が分かるようにLEDライトで照らすのがオススメ。

忘れてはならないのがフィルム貼り。Smart Keyboard Folioもまだない為、貼らないと精神衛生上良くない。

購入したのは、既にAmazon choiceにも選ばれていたMORSHIKA製のガラスフィルム。Apple pencilとの相性が分からないけれど、気になったら後に買い替えればいいと判断して購入した。1000円程度で安価。

初のiPad Pro!ファーストインプレッション

開封からの興奮も冷め止まぬまま数時間、設定とアプリの試用を行った。その際に感じたファーストインプレッションをお届けする。

初のiPad Proとなるが、購入した理由等は別の記事でまとめているので参考にして欲しい。

私の新型iPad Pro 11インチの購入理由と今後の運用法。どうも!ロマンワーカー管理人をとこ(@wotoko_roman)です。 2018 10/30 23:00から始まったAppleの発...

iPad Pro 11インチの大きさ・重量

所有していたiPad Air2と比較を行う。

まずは重量について。正直外観よりも驚いた点である。iPad Air2と比べて大幅に軽く感じる。調べるとiPad Proは468g、iPad Air2は437gあれ?おかしいぞ?

どうやら数値的には普通にiPad Proの方が重い。しかし、バランスか質感によるものなのか軽く感じてしまう。

 

次は大きさについて。重ねてみると分かりやすい。画面サイズは9.7インチから11インチへと大きくなったが、全体のサイズはほとんど変わらない。ベゼルレスは素晴らしい。

数時間使用したファーストインプレッション

この記事を執筆するために、Lightroom CCによる写真現像に伴う一連の作業をiPad Proで行なってみた。

良いと感じ点をサッとまとめると、

  • 写真現像でもサクサク動く
  • ディスプレイが精彩
  • Face ID めちゃくちゃ便利
  • usb-c端子も素晴らしい

写真現像は動画編集についで重い作業であるが、全く問題なくサクサク動く。さらにLiquidディスプレイも精彩で現像が捗る要因の一つだ。

この構図。分かる人には分かる。

特に感じたのがusb-cの恩恵だ。一般的には充電速度の向上を喜んでいる人が多いと感じるが、個人的には上の写真の様に一眼レフ(α7ⅲ)と簡単に繋げる事ができ、写真を取り込む事ができる点が嬉しい。

遂にusb-cの時代が来たと感じた。普段の生活ではusb-cケーブルを一本持っておけば、充電からデータのやりとりまで問題なくこなせる。

【カバンの中身】USBCを中心にしたミニマルなガジェット達を紹介。どうも!ロマンワーカー管理人をとこ([@wotoko\_roman])です。 本日は、理系大学院生である私の普段の鞄の中身...

悪い点というよりか個人的に気になる点を列挙すると、

  • 画像書き出しの細かい設定ができない(ブログ用のリサイズ)
  • ファイル管理はPCの方が圧倒的に便利

現時点ではこの2つくらい。

しかしこれらの点は、専用のアプリを使用したり操作の習熟などを行い、独自のフレームワーク等を構築すれば作業の効率化が図れるはずだ。

まあ、どうしても面倒な部分はPCに任せるなどすれば良いと考えている。個人的にはiPad Proでは90%くらいの作業をこなせれば充分だ。

まとめ

iPad Rro 11インチの開封・ファーストインプレッションであった。

当初は写真現像からブログの更新までしようと考えていたが、キーボードが届かなかったためMacを使用した。キーボードが届いたら別途レビューを行いたいと思う。

今後はさらにクリエイティブな作業を行なって使いこなしていきたい。魔法の板を高音質なYoutube再生機で大容量のモバイルバッテリーにしないためにも。

 

それでは。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です