ハウツー

有料の「YouTube Premium」で日々の生活が快適になるか? YouTube Premiumの特徴・使い方

本日11/14、Googleがサブスクライブ(月額課金制)の「YouTube Premium」を発表した。

無料でも充分に楽しむコトが可能なYoutube。この記事を読んでいる多くの人にとって、毎日の生活に欠かせない存在となっているだろう。

今回はYoutubeヘビーユーザーである私が、「YouTube Premiumに月額 ¥1,180円に見合った価値があるのか」を判断するために、実際に登録を行い使用した所感・今後の利用方法を記事にする。

YouTube Premiumとは

YouTube Premiumはサブスクリプション制のサービスである。無料版のYoutubeと比べてどのような特徴があるのか。

YouTube Premiumの特徴/無料のYoutubeと比較

画像:Youtube Premiumより

YouTube Premiumの特徴

  • 広告無しでYoutubeを視聴
  • オフライン・バックグラウンドでの再生
  • YouTube Music Premium・Originalsを利用可能

 

上記のような特徴が存在する。広告無しの視聴に加え、オフライン(端末に一時保存)・バックグラウンド再生により利便性や快適性が向上する。これらの機能の具体的な活用方法は記事後半でまとめている。

画像:Youtube Premiumより

YouTube Music Premiumでの音楽ライフを充実や、YouTube Originalsと呼ばれる独自のコンテンツ(ドラマや製作の舞台裏など)の配信も魅力的。今回は時間の都合上試せてはいないので、この部分に関しては利用後にレビューを考えている。

Youtube Premiumの価格設定

冒頭部で¥1,180/1ヶ月で利用可能と書いたが注意点が存在する。iPhoneやiPadなど、App Store経由で申し込むと値段が¥1,550/1ヶ月に上がってしまうのだ。

  • Web/Google Play 経由 – ¥1,180 /1ヶ月
  • App Store 経由- ¥1,550/1ヶ月

これはiPhone端末から利用すると高額になるという事ではなく、あくまで申し込み時の話。私はwebから¥1,180で申し込んだが、iPad ProのYoutubeアプリも連動してYoutube Premiumに切り替わった。日本で大多数を占めるiPhoneユーザーは気をつけたい。

今なら3ヶ月の無料トライアルが可能

驚くことに、今なら3ヶ月の無料トライアル期間が設けられている。トライアル期間中はフルでYouTube Premiumの機能が使用可能だ。

取り敢えずトライアルをしてから判断する選択ができるのが素晴らしい。3ヶ月とかなり長い期間設けられているため、更新時は忘れないように注意。

試しに解約手続きをとってみたとろころ、支払い請求は止められた状態でYouTube Premiumの機能を利用できた(2/24まで使用可能という表示)。かなり親切な仕様であり、忘れやすいけど試してみたい人は解約手続き(とても簡単だった。)もすれば良い。

YouTube Premiumの使い方

ここではYouTube Premiumだからこそできる使い方を解説していく。個人によってYouTubeの利用方法は変わってくるが、ここでは私個人の使い方にスポットを当てる。

音楽をバックグラウンドで再生し作業のお供に

お気に入りのスピーカーと共に

私にとって最も魅力的な使い道は、バックグラウドでの再生機能だ。Apple MusicやSpotifyといった音楽専用のサービスでは当たり前の機能であるが、これがYoutubeでも利用できる。

大学院での研究やブログ執筆時の作業に音楽は欠かせない。無くても集中はできるが、ある場合と比較して集中力の持続力が落ちてしまう。私のような音楽は好きだがライトユーザーな人にとって、音楽環境はYouTubeで充分と感じる人が多いのではないだろうか?

AirPodsとの相性は抜群

MacなどPC環境ではYouTubeバックグラウンド再生は可能だ。しかし、先日私が購入したiPad Proのような携帯端末では、既存のYouTubeアプリではバックグラウンド再生が不可能だ。殆どの作業(プラグラミング以外)をiPad Proで身軽に出来るようにフレームワークを構築している段階なので、YouTubeから音楽を流しながら作業でると恐ろしく捗る。この点において一番の魅力を感じた

私の新型iPad Pro 11インチの購入理由と今後の運用法。どうも!ロマンワーカー管理人をとこ(@wotoko_roman)です。 2018 10/30 23:00から始まったAppleの発...

オフライン再生で移動時間の暇つぶし

遂にYouTubeのオフライン再生が公式に出来るようになった。あらかじめWi-Fi環境で視聴したい動画や音楽を端末のローカルストレージにダウンロードすることが可能で、ネットの無い環境下でも再生できるå。

  • 仕事や旅行における移動時の暇つぶし
  • 気に入った音楽の再生リストを作成

などの使い方が可能。動画の下にある一時保存ボタンをクリックするだけで良いというシンプルな操作も良い。「お、これ良いな。」と感じたら取り敢えず保存をして利用している。

実質無料。広告無しで快適なYouTubeライフを

YouTube Premiumは¥1,180/1ヶ月で利用できる。これを高いと感じるか安いと感じるかは個人によると思うが、ここで簡単な計算をしてみる。

現在はYouTubeの広告は開始時に2つ有り、最短でも6秒再生しなければスキップできない。YouTubeを愛用している人であれば、少なく見積もっても1日に10本の動画を再生するだろう。この場合1ヶ月の広告再生時間は以下のように計算できる。

2[個]×6[秒]×10[本]×30[/日]=最低60分/月

こう考えるとYouTube Premiumの値段は¥1,180/1ヶ月と見積もることが出来、少し高いバイトの時給程度だ。その浮いた時間は趣味であったり、もっと生産的なコトに使うと良いだろう。

 

加えて、動画の途中広告(これは投稿者が数を設定できる)も全て表示されない。実際に利用してみると、途中広告が表示されないと動画視聴がかなり変化する。

時間を金で買うという言葉があるが、それ以上にスキップボタンやバナー広告の×印をクリックせずに済む快適性を評価したい。

まとめ

YouTube Premiumに登録して一日使用した所感をまとめた。

現在は無料トライアル期間であるが、3ヶ月後もぜひ継続して利用したいと考えている。むしろ登録を解除した場合には、広告によるフラストレーションが溜まり、2日後には再び契約している未来がみえる。

皆さんも是非試してみてほしい。

 

それでは。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です